第4回足裏ズルむけコンテスト

代わりにゆで卵を作り、殻をむいて耐えました...。

BRUYANT01.jpg  BRUYANT02.jpg  BRUYANT03.jpg

私は、高校生の頃からウオノメ君とのお付き合いが始まり、別れたくてもなかなか別れることができず、ずるずると付き合い続けてきました...。
ベビーフット君との出会いで心機一転、ストッキングを破くのが得意なガサガサのカカトや人前にさらすなんて無理!な足裏とも縁を切りたい、と別れを決意しました。


ベビーフット君に足をゆだねると、にゅるにゅるのジェルが気持ちいい~!
足裏がふやけてシワシワ爺さんになるほど漬け込み、浅漬けも真っ青です。

何事も起こらなかった2日間、ドキドキしていましたが3日目、入浴中にいきなりのズルむけ!!
足の裏に亀裂、ひび割れ、地割れが起き、鰹節、いや、愛媛特産の削りかまぼこがゆらゆらと揺れながら、びっしりついてる...!
めっちゃむきたくなる~!!という衝動に駆られながらもぐぐっと我慢...
代わりにゆで卵を作り、殻をむいて耐えました...。

それから3日間、はだしで歩く床と靴下の中にはお菓子の食べカスのような皮膚片がボトボトといっぱい。
まさか自分が脱皮する生き物だったとは...!と衝撃でした。
前世はヘビ?

大きな皮膚片ではがれたらいいな~と思っていたのですが、長年たまっていた角質はシワに沿ってうろこのようにはがれていき、望みどおりにはなりませんでした。
ロウを塗ってある足のロウがはがれていくみたい、な足裏は、中に隠れていたきれいな足が見えてくるにつれてとてもわくわくしました。
化石を掘り出す作業ってこんな感じの楽しさかも。

ぶ厚い魚の目やかたいカカトの皮膚片はなかなかしつこくくっついていましたが、それでもだいぶサヨナラでき、赤ちゃんとまではおこがましいまでも、高校生くらいの自分の足裏には若返れたんじゃないかな~?
触っていても足裏がつるっとしていてびっくり!

殻を破って生まれ変わりましたッ!というイメージで記念撮影もしましたので、ど~か見てやってください!
結婚11周年記念日(昨日)をきれいな足裏で迎えることができて感激です!
娘にも、「汚かったのに綺麗になったねぇ」と言ってもらえました。
(汚かったのね...やっぱり)

これからも定期的にケアして、自信を持ってサンダルをはけるようにしたいです!

ニックネーム BRUYANT さん(岡山県) さん
年齢 37歳女性
応募日 2009年11月1日
職業 専業主婦

このエントリーについてブログに書こう!

エントリーのURLです。

http://babyfoot-contest.jp/zurumuke/4/post_208.html

ソースをブログに貼るつける、そう、ブログパーツ

このエントリーをブログで伝えるつまりトラックバックする。

http://babyfoot-contest.jp/mt/mt-tb.cgi/260

わたしもエントリーする。

第4回足裏ズルむけコンテスト